そこに居るだけでスリランカの風は幸を感じます

海外に一度住んで観たいと思う方へ  アーユルヴェーダに関して 
アーユルヴェーダビジネスを始めたい方へ
 ゲストハウスのご紹介 ゲストハウスへの行き方 長期滞在料金 スリランカアーユルヴェーダで改善する医学 ゲストハウス宿泊 料金
 スリランカの生活 スリランカ家庭料理 スリランカ不動産販売 ゲストハウス宿泊注意事項 アノーシャプロフィール


弊社ゲストハウスで行われるアーユルヴェーダ


病とトリートメントの内容

 
Dr診療所で行わリているトリートメント
上級Drヒマーリ医師の診察により患者様に対するスケジュールメニューは診断により異なります
人の病はいろいろと異なりトリートメントをすべてを行う事ではありません
4000年の積み上げた歴史が築き上げたアーユルヴェーダ医療方法を
日本で現在悩んでする病を私(Anosha)か上級Drヒマーリへ正確に通訳をしてお伝えいたします
病気が逼迫した状態であれば現在かかりつけの医師と相談してください
なかなか治りにくい病でありば私にご相談ください
例えば、脳梗塞のリバビリは日本では筋肉の硬直を改善するための理学療法運動を取り入れておりますが
ここスリランカでは後遺症は下記のトリートメンと運動療法で良い成果が出せる様に考えております
もちろん運動も欠かせません
お客様の中には、この方法のやりたいと言ってくる方がおります・が
患者様の現在の体の体調と病気との関係から考えたメニューで行います
日本でアーユルヴェーダを学んだとしてもライセンスが無いと問題になります
ここはスリランカ国なので上級ライセンスを所得した医師にお任せください
医師のメニューで行います、ご理解ください

日本のマッサージとスリランカトリートメントは全然異なります
日本式マッサージは筋肉をほぐす事が目的で指圧の圧力を加えながら
患部のツボをマッサージを行います・が
アーユルヴェーダを受ける日本人男性がスリランカのマッサージは力が弱いと言っている方がおります
基本はマッサージではありません
オイルを皮膚に塗り、皮膚内部に浸透させる事が目的で
リラックスしながら皮膚の表面をソフトに塗り込み事を行っております
きっと、なんだか気が抜けた様な感じがしていると思います・が
目的が全然違う事を理解してください
Anoshaより

 アーユルヴェーダ健康法を教えます
私のメールボッスクから発信いたします
興味がある方はご参加ください
会費は無料です
体調不良、熟睡が出来ない、低血圧でお困り、神経が不安定
アーユルヴェーダを学びたい、家族のために健康になりたい
アトピーを治したい、便秘で困っている、なんでもご相談ください
身近な材料で体調を改善する事が出来ます
私(Anosha)が相談に乗ります
1年に一度は日本へ行く予定です、お会いして雑談しましょう
住所、氏名、年齢、性別、相談内容をお書きください
E-Mail : priyamanigroups@gmail.com

弊社のアーユルヴェーダは医療です
スリランカアーユルヴェーダで改善する医学
日本では考えなれない病を改善する事も出来ます

Abhyangam アビヤンガ

アビヤンガとは直訳すると「オイルを塗布する処置」のことで、アーユルヴェーダの最も基本的なマッサージで
ジェネラルマッサージとも呼ばれます。薬用オイルを塗布し血液の流れに沿って、
独特のハンドテクニックによって全身マッサージを行い細胞の活性を図ります。

効果 : 筋肉の緊張をほぐしストレスを解消や筋肉痛、リラクゼイション効果


Sirodhara シロダーラ

「シロ」は頭、「ダーラ」は絶え間なく垂らすという意味。
つまりシロダーラとは人肌に温められた薬用オイルを絶え間なく額に垂らし続けるトリートメント

脳梗塞の回復は薬用オイルを30分以上垂らし、詰まった血管をやわらげ脳のダメージに変化を与えます
Drヒマーリ先生がダメージを見てプロク゜ラムを考えます

効  果
偏頭痛、不眠症、精神疾患、皮膚疾患、チック症、自律神経、水頭症、足のしびれ
神経痛、脳卒中の後遺症に効果、キラーストレスを除去、耳鳴りが取れます

シロダラオイルとオイルポットの販売中



Thakaradhara タッカラダーラ

シロダーラとほぼ同じ工程で行われるトリートメント
しかし、漢方オイルの代わりにバターミルクを用いナバラキリなどと並んでスリランカ特有のトリートメント

効果 : 若白髪の予防、疲労感を取り除く、偏頭痛、不眠症、特に乾燥肌の治療効果



 Pichu ピチュ

ピチュとは「浸す」という意味で、布やコットンを薬用油に浸し頭や額、その他体の部分に一定の時間貼り付けるトリートメント
頭の上に行う場合は、シロピチュと呼ばれ神経系統の疾患に効果があります

効果 : 不眠症、若白髪、不安定神経症、健康回復、若返り


Elakizhi エラキリ


エラキリとはハーブの生葉(Ella)とハーブパウダーを布地に包んだボール(Kizhi)を患部やツボに使用するトリートメントで、
ハーブオイルに浸し全身または局所に塗布しながらマッサージをします
関節炎など、疾患によってはその部位を重点的に行います。生葉の他に、レモン、岩塩、砂、
その他のハーブパウダーなどを用いて行うこともあります。

効果 : 関節炎、骨関節炎、リューマチ、半身不随、スポース障害や人体障害、肩こり、五十肩など



Navarakizhi ナバラキリ


ハーブを煎じ液で煮たナバラライス(アーユルヴェーダによく使われる独特の米)を包んだボールを薬用ミルクに浸し全身に塗布するトリートメント
1回の施術で使用されるハーブは300から500gで2時間以上かけて濃厚な煎じ液を作ります。
アンチエイジング効果に用いられることが多いです。

効果 : リュウマチ、関節炎、関節障害、高血圧、高コレステロール、皮膚症患


Pizhichil ピリチリ

オイルを絞る意味を持つスリランカ独自の手法です。
貴族のトリートメントとも言われる非常に贅沢なトリートメントです。
布地を薬油に浸して絶え間なく患者の身体に絞りながします。
本来パンチャカルマの前処置もしくは後処置に行われる発汗&ヒートセラピーです

効果 : 神経系統に損傷が起きる病・・神経痛、けいれん、


Sirovasti シロバスティ

ぬるめの薬用オイルを頭にかぶったキャップ内に流し、患者の状態に合わせて1日45分から60分その状態を保ちます。
これを7日間行いヴァータ体質特有の病気に非常に有効な治療法
てんかんの発作を軽減します、治す事も可能です

効果 : 脳神経系統の病気に特に有効、てんかん、偏頭痛、ストレス除去
発達障害、自閉症の改善、不安定神経症、精神病、耳鳴り軽減や取り去ります


Kativasti カティバスティ

「カティ」は腰、「バスティ」は液体を溜めるプールという意味です。このトリートメントは腰に、
黒豆の粉などをペーストしたドテをつくり、その中に温めた薬用油を入れて、約40分間放置します。
腰痛、特に椎間板ヘルニアの治療に有効です。
問題は太りすぎで若い時に使いすぎた間接や腰を痛めた箇所をさらせ負担をかけていると長めの時間と治療が必要となります
先ずは太った方はやせる事も重要な条件です
針や患部を薬草オイルで温め浸透する事で次第に傷みを軽減する事が出来ます
効果 : 腰痛、椎間板ヘルニアに効果があります


Udwarthanamウダワタナム

薬用パウダーを用い血流(体毛)に逆らってマッサージを行うことで、体脂肪を燃焼させる働きがあります。
これを1日に30分、14日〜28日間行う。
全身の治療に行われることが多いです。
効果 : 肥満、慢性リューマチ、皮膚のつやを良くする

ヘッドスパ

別名シロアビヤンガと呼ばれています。薬用油を頭に塗布し、独特のやり方で頭皮をマッサージします。
効果 : ストレス除去、フケ症の方、抜け毛


フェイシャルマッサージ

薬用油を使ったフェイシャルマッサージ
効果 : 顔面麻痺、しわ防止


フェイスパック

薬用ペーストを使ったフェイスパック
効果 :  顔のはりを持たす、しみ抜き、しわを取る



鼻の通りをよくする、喉の改善、タンの詰りを取る効果があります


鍼を使ってほぐします



全体をほぐした後はスチィーマへ入ります

台の下から暖かい蒸気が体全体を温めて効果が表れます


アレルギー体質の患者様です
ご本人様の許可を得て掲載しております

上記の写真は日本から来た時の写真

Drと弊社で毎日食べる食物で改善をデドックスが進み
1週間の治療で大分改善をしてきました

はれが引きここまで改善しました
この様な方は多くお困りで毎日が辛い日々を送っていると思っております
一度スリランカへ来てDrとご相談してみてください
かなり良くなってお帰りになります


骨盤の痛みを完治
日本人男性がゲストハウスに遊びに来てくれる方です
年齢は60歳台前半の方で趣味とPCの仕事をしております
1日6時間程度PCの前に座り仕事をかねて10年以上
2回ほど坐骨神経痛になり歩く事が困難になり
通路は両壁をつかまり立ちをするほどです
そのために日本の各整形外科へ行きました・が
当病院では治す事が出来ません
暖かい風呂に入り、休みながら静かにしているしかありません
良い解決策が出てこない病院ばかりです
歳を取ってくると痛みが強くなり我慢をするのもいやになってくる事があります・と本人は話をしております
なかなか直す事が出来ません
現在手術の段階までは言っておりまのせんが
本人からの依頼でスリランカで生体を整える事が出来る専門があるのか
探して欲しいとの事で、探しました
多くのスリランカ人が直すために生体医院へ通っております
その情報をお知らせいたします

このレントゲンをDrヒマーリに見れましたら、痛みと骨のユガミを治す事が出来ると
話をしております
1か月程度で2日から3日に一度通院をしてもらいます

この写真は本人の同意をもらって掲載しております

背骨が曲がってしまっております


骨盤が痛くて歩行困難

毎日が辛い痛みに効果があります
日本の様な体をひねってり、曲げたり、もんだり、マッサージをする事はいたしません
4000年の長い時間と経験でどこに効果があるのかが分かった治療をするのがスリランカ医療です
腰痛、骨盤痛、肩こり、膝の痛みにスリランカ神経生体専門医院
私(Anosha)も3年前にツゥクツゥクで交通事故に合い左手首を骨折しました
国立病院で外科的治療で骨をつなぎました・が
思い傷みが残り上手く治りませんでした
骨折から3年が経過しても折った場所が重い痛みで困っております
特に手首を使ったりする仕事で辛い痛みが出てきます
現在この生体に通っております
手首の痛みからひじの痛みと肩の痛みまで出てきました
生体先生は背中の両肩甲骨の真ん中の骨に薬草を貼っております
折った場所にも薬草を貼っております
行ったその日から大分楽になりました
数日おきに通院しております
日本では人間のツボに当たる場所へ治療をする事で治す様子です
西洋医学とは違った治し方でスリランカでは直す事をしております
手術をしても、マッサージをしてもなかなか治らない痛みが取れる方法があります
通院は約2週間程度で終わりにしました
この9月16日でおわりにしたいと思っております
日本の様な体をひねってり、曲げたり、マッサージをする事はいたしません
一度来ません・か
もしかしたら治るかもしれません
もちろんアーユルヴェーダと療法を併用しても問題がありません

このレントゲンをDrヒマーリに見れましたら、痛みと骨のユガミを治す事が出来ると
話をしております
半月から3週間程度で2日から3日に一度通院をしてもらいます


腰痛による足のしびれ、坐骨神経痛を解消

・・・・・腰痛による足のしびれ
・・・・・

この方は日本の医者から見放されて、ここゲストハウスへ訪ねてきました
前回掲載している挫骨神経痛の方も同じです
日本の医師は検査をしてデーターに現れない情報は治しようがないと医師から言われました
痛み止めと胃薬の処方だけでは神経の痛みを取る事が出来ません
弊社ゲストハウスはこのような患者様が少しずつ増えております
約2・3週間で完治をいたします
日本には多くの患者が困っていると思います

現在2週間の予定でご年配(85歳)の男性がアーユルヴェーダを受けに滞在をしております
長年にわたり腰痛から来る足のしびれがひどく、何とかして治したいと思って今回治療を受けにスリランカまで来てくれました
16日間の治療中、3月29日に帰国の予定です
8日間で腰から下のしびれが足首まで取れた様子です
1回の治療ですべてが治るとはDrは話をしておりませんから
しびれも多少の再発が起きる可能性もありますから・・とDrは話をしております
現在はオイルマッサージ約2時間と漢方薬の服用を行っております
症状は左足のしびれがなくなり現在は右足首部分のしびれと足の表面にむくみが残っています
大分歩く事が楽になってきたと本人は話をしております
本日3月28日現在の状態は、杖なしで歩く事ができる様になりました
日本の方は腰痛による痛みやしびれを取り除く事はできると思いますから
一度スリランカへ来て見ません・か



・・・・・
坐骨神経痛を解消・・・・・

お客様からの情報を掲載しております
日本と現地スリランカでは気候が違い効果がありました
11月の日本の気候は寒さと乾燥で神経痛が治りかけても
患部が痛み出す事が起きてきます
日本人男性は4か月間挫骨神経通の痛みで苦しみ11月ヒマーリ先生のもとに訪れました
治療のために10日間滞在をしてこの治療を行いました


乾燥させてぬるま湯で戻し

布の袋に入れて温めたオイルと一緒に患部に塗り込みます

神経をやわらげる効果がある薬草

温めたオイルを患部に塗ります

布に温めたオイルをしみこませ患部に張り付ける
日本のお風呂も効果のある治療です
お湯に神経痛に効く漢方薬を入れても良い方法かもしれません


全身温オイルマッサージを行います
スリランカの気候が11月で気温27度程度ですから
帰国する日も問題なく痛みもなく日本へ帰りました
日本の冬の生活と温度と湿度がどのように影響するのかが心配です
このような状態の方が日本には多いと思っております
痛みは他人ではわかりずらい病です
一度で治るとは思っておりませんから数回の治療は必要です・ね
他も病でも同じことが言えます
何年も何十年もほっておくと簡単には完治しなくなります


2016年11月23日
帰国後の状態についてお知らせ
ご本人は神経痛で寒さと乾燥で挫骨が影響していますから
元の痛みよりは大分よくなりました
杖を使わずに歩くことができます
朝と晩は寒さの影響で痛みが出てきます
お知らせいたします

2016年12月10日
経過についてお知らせ
大分良くなってきました
杖を使わず歩くことができます
寒さよりも乾燥に問題があります

2017年1月10日
挫骨神経質状態をお知らせ致します
大分良くなりました
痛み止めも飲まず、熱めの風呂に入りすぐに睡眠を取ります
座る事を控えて立っている・か、寝ている・か
方法しかありませんから
挫骨に負担がかからないためにも寝ている時間を多く取りました
そのお蔭で85%の痛みがなくなりました
現在杖は使用しておりません

2017年2月5日
挫骨神経質状態をお知らせ致します
ほぼ完全に近い状態に治りました
日本のマッサージ治療院には行っておりません
日本の真冬は神経痛と乾燥には気を付ける様に心がけております
暖かいお風呂には少し長めに入る様にしております
2年前に心臓のバイパス手術をしています
そして糖尿病も持っていますから長湯すぎると
血糖が落ちてきますから要注意です

2017年2月21日
その後の挫骨神経質状態をお知らせ致します
最近になって多少左右の挫骨の骨が痛くなってきました
原因はPCを1日8時間程度椅子に座ります
睡眠は早目の午後8時すぐにはベットに入ります
起床は朝6時から7時で起きだします
できるだけお尻に負担を掛けずに横になる様にしております
昨年の8月の様な痛みではありません・が
もし、そうなったら50mも歩けなくなってきますから
二度と同じ体験は支度はありません
傷みが出る時は1日2度お風呂に入り患部を温めております
予定では2017年3月初めにスリランカでアーユルヴェーダ治療を受ける事にしております
予定は2週間ほど
1回の治療で治るとは思っておりません
ぶり返しが起きる事は覚悟をしております
歩くことが困難になる事だけは避けたいと思っております
歳を取りると言う事はいろいろな部位にダメージが出てくると言う事ですから
免疫を上げる事に勤めて食事は好き嫌いをなくし野菜を取り
嫌がらずに少しでも自分に合った運動をして
偏った生活をしない様に心がける事をお勧めいたします
歳を取りると言う事はいろいろな部位にダメージが出てくると言う事ですから
免疫を上げる事に勤めて食事は好き嫌いをなくし野菜を取り
嫌がらずに少しでも自分に合った運動をして
偏った生活をしない様に心がける事をお勧めいたします


アーユルヴェーダの申し込みをする場合は

ご相談ください
Representative : Anosha Priyamani
代表者 アノシャ ピリヤマニ
Tel : +94-770493631
E-Mail :
 priyamanigroups@gmail.com
E-Mailは英語か日本語でお書き下さい

もとに戻る